教員紹介

氏名別インデックス

あ

生田敏康Toshiyasu IKUTA

教授

専門分野 民法
研究紹介
(研究テーマ)
契約責任
現在、進行中の債権法改正作業を念頭におきながら、わが国における契約理論の再構築を目指したいと思います。
研究キーワード 契約責任、協力義務、債権者の義務
今年度担当科目 学部:民法概論Ⅰ・Ⅱ、債権・担保法、民法総合講義、演習I・Ⅱb
Eメール *****@fukuoka-u.ac.jp (*****に”ikuta”と入れて下さい)
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、水曜日、木曜日
木曜日 13:00 ~ 14:30
備考 講義内容について理解できないことがあれば、オフィスアワー等を利用して積極的に質問してください。オフィスアワー以外に研究室を訪問する場合には事前にEメールで連絡してください。

石川友佳子Yukako ISHIKAWA

准教授

専門分野 刑法
研究紹介
(研究テーマ)
刑法理論、医事刑法
これまで、ヒト胚に対する消費的研究や人クローン個体の産生技術など先端医療技術及び先端科学技術に対する刑事規制をテーマに研究を行ってきた。このテーマの研究を継続・深化する他、今後はその他の医療分野に対する刑事規制にも研究を広げる。それと同時に、因果関係や過失犯など、伝統的な刑法理論の研究も進めていく。
研究キーワード 先端医療技術・刑事規制、刑法理論
今年度担当科目 学部:刑法I、刑法Ⅱ、演習I、演習II、演習Ⅲ、特別講義
Eメール ishikawa@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、木曜日、金曜日
木曜日 16:30 ~ 18:00
備考 訪問時は、事前にメールでご連絡ください。

井上禎男Yoshio INOUE

准教授

専門分野 行政法、情報法
研究紹介
(研究テーマ)
情報をめぐる公法学理論・制度論
おもに、わが国における放送と通信との融合・連携に関する諸問題、情報公開法制および個人情報保護法制、行政のIT化・情報化などについて(たまにフランスの法制度設計にも目を向けながら)研究している。
研究キーワード 放送、通信、情報公開、個人情報保護、通信の秘密、放送の自由、情報通信、ICT
今年度担当科目 学部:行政法Ⅰ、情報法、演習Ⅰ(行政法)、演習Ⅱ(行政法)、演習Ⅲ(行政法)、法学部入門ゼミ、
「特別講義(警察活動の実際と理論)」(分担)
「科学・技術・情報と社会」(分担)
大学院:行政法研究、行政法講義Ⅱ(行政法講義)
連絡方法 福岡大学
092-871-6631(代表)にご連絡ください。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、水曜日、木曜日
木曜日 13:30 ~ 14:30(文系センター10F・1016研究室)
備考 相談・質問等はオフィスアワー以外にも、講義前後で受け付けます。対面で行いますので、電話・メール等には応じません。

岩倉正博Masahiro IWAKURA

教授

専門分野 法理学、思想史
研究紹介
(研究テーマ)
法・社会理論
グローバル化する現代世界の中の法と正義の社会理論
研究キーワード グローバリゼーション、ネイション、主権、情報
今年度担当科目 学部:法哲学、法学A・B、情報処理論、法学部入門ゼミ、ドイツ法
連絡方法 授業の後、もしくは個別に予約してください。
講義のある日
オフィスアワー
火曜日・水曜日・木曜日・金曜日
授業の際にアポイントメントを取ってください。
備考 講義後にアポイントメントをとると確実です。 

ステファニー A. ウエストンStephanie A. Weston

教授

専門分野 日米関係、日米中関係(政治学)
研究紹介
(研究テーマ)
私の当初の研究は、1988年から2005年まで日米同盟・グローバル・パートナーシップに関する論文が多く、例えば、2002年には「Alliance in Transition: A New Strategic Partnerership」、2004年には「The U.S.-Japan Alliance in the New Post Cold War」、さらに2008年には「9・11以降の日本の国土安全保障と日本のマスメディアの対応」に関する共同研究を行ない、共著書を出版しました。私は、日米関係の研究を継続する一方、2004年から日本と中国の非対称関係に関する研究を進め、2005年にグリフィス大学(オーストラリア、ブリズベーン)において、Asian Studies 修士課程を修了しました(わたしの二つ目の修士です)。例として、私は2006年に「Towards a Constructive Sino-Japanese Relationship in the New Millennium」、2008年に「The Sino-Japanese Environmental Cooperation towards a New Constructive Partnership」等を研究出版しました。私は現在、伝統的・非伝統的安全保障問題を含む日米中関係に重点を置き研究を発展させています。2010年には「American Smart Power in the New Era of U.S.,Japan and China Relations」、そして2012年には「Reframing the New Normal in U.S.-Japan-China Relations」を出版しました。
研究キーワード 日米中関係論;日米同盟関係、日中関係、安全保障;非伝統的安全保障;オバマ政権のスマートパワー
今年度担当科目 学部:外国法政論、特別講義(アジア太平洋関係論)、アジア法セミナー1(アジア太平洋法制事情)、国際コミュニケーション/法政事情 I,II;国際コミュニケーション海外研修
その他:Overseas Training Program;Global Issues Practicum;地球環境(合同講義)-
Eメール stephanieweston@gmail.com
連絡方法 法学部研究室(内線2217)にご連絡ください;オフィスアワー外はe-mailにご連絡いただくのが一番早いです。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、水曜日、木曜日
月曜日 14:40 ~ 16:10 水曜日 13:00 ~ 14:30
木曜日 13:00 ~ 14:30(後期のみ)

大橋敏道Toshimichi OHASHI

教授

専門分野 経済法
研究紹介
(研究テーマ)
経済法、消費者法
  1. 日本の競争政策の特質を、他の経済政策との相関関係の中から明らかにする。
  2. 消費者問題に対する行政的規制の研究
研究キーワード 競争法、独占禁止法、産業法
今年度担当科目 学部:経済法、消費者法、演習I・II、法学部入門ゼミ
Eメール ohashi@fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日・水曜日・木曜日
月曜日 13:00 ~ 14:00

屋宮憲夫Norio OKUMIYA

教授

専門分野 経済法
研究紹介
(研究テーマ)
独占禁止法
独占禁止法による有効な競争機能の維持のための経済活動に対する規制について研究している。
特に、同法の施行機関である公正取引委員会の行政手続のあり方や規制の効果的な施行方法について、競争政策の母法であるアメリカ反トラスト法との比較研究を行っている。
また、公正な競争秩序の維持をめざす「不公正な取引方法の規制」や情報化社会におけるカルテルの有効な規制について興味を持っている。
研究キーワード 私的独占、カルテル、不公正な取引方法、違反事件処理手続
今年度担当科目 学部:経済法、国際経済法、演習I・II、パワーアップゼミ
大学院:経済法講義
法科大学院:経済法
Eメール okumiya@law.fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 福岡大学
092-871-6631(代表)にご連絡ください。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
在室時随時。メールで随時受け付け。
備考 相談・質問がある場合には、上記電子メールでご連絡ください。

小野寺一浩Kazuhiro ONODERA

教授

専門分野 刑法
研究紹介
(研究テーマ)
刑法
犯罪総論と犯罪各論とが交錯する問題について、具体的事例を分析するという手法を用いて検討している。また、共犯理論について、発展過程を検証することを通じ、その実体を解明することに取り組んでいる。
研究キーワード 共犯
今年度担当科目 学部:刑事法特講II、演習Ⅰ、演習II、演習Ⅲ、刑法I、特別講義
大学院:刑事法特別講義、刑事法特別研究
Eメール onodera@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日
月曜日 10:40 ~ 12:10  金曜日 14:40 ~ 16:10

折登美紀Miki ORITO

教授

専門分野 行政法
研究紹介
(研究テーマ)
ドイツ行政法、行政救済法、都市計画法、行政上の義務履行確保
ドイツ及び日本の行政法理論及び街づくりに関する法制度を研究している。
研究キーワード ドイツ法、行政法、行政救済、義務履行確保、行政上の強制執行、行政訴訟
今年度担当科目 学部:行政法Ⅰ、行政法Ⅱ、行政法、法学部基礎ゼミ、演習I(行政法)、演習II(行政法)、
大学院:行政法研究、行政法講義III
連絡方法 講義・演習の後に教室の入り口でつかまえるか、オフィスアワー時に連絡をしてください。
福岡大学 092-871-6631(代表) 内線3915
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、水曜日、木曜日
水曜日 13:00 ~ 14:30
備考 相談、質問等がある場合には、オフィスアワーに対応します。事前に連絡方法にしたがって予約をしてください。

か

北坂尚洋Naohiro KITASAKA

教授

専門分野 国際私法
研究紹介
(研究テーマ)
国際私法(財産法・家族法)、国際民事手続法、国際取引法
外国で婚姻、離婚、養子縁組、認知等が行われた場合、それはわが国でどのように取り扱われるのか。わが国の判例や戸籍実務を中心に、その取り扱いを研究している。
今年度担当科目 学部:国際私法、法学部入門ゼミ、演習I・II・III
法科大学院:国際私法、国際取引法
大学院:国際私法講義II
WEBサイト
Eメール kitasaka@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、木曜日、金曜日
火曜日 14:40~16:10 研究室在室中はいつでも可。
備考 訪問時はできるだけメールで事前にご連絡下さい。

久保寛展Hironobu KUBO

教授

専門分野 商法
研究紹介
(研究テーマ)
ドイツおよびヨーロッパの企業法制
ドイツおよびEUの会社法ならびに資本市場法等の近年の動向に関心をもっています。非常に動きが激しい分野でもありますので、正確なフォローを心がけて、比較法的な研究につなげたいと思っています。
研究キーワード 会社法、資本市場法、ドイツ、ヨーロッパ
今年度担当科目 学部:企業金融法、企業取引決済法、企業取引法、会社法、法学部入門ゼミ、演習Ⅰ・Ⅱ
大学院:商法講義、ドイツ法講義
Eメール hkuboアットマークlaw.fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 福岡大学
092-871-6631(代表)にご連絡ください。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日、
(学部)月曜 14:40 ~ 16:10(院)火曜 10:40 ~ 12:10
備考 オフィスアワーやそれ以外の時間に相談・質問がある場合には、講義の前後に連絡してください。
Eメールを送られる方は、アドレスのアットマークを記号に変換して送ってください。

さ

白須真理子Mariko SHIRASU

講師

専門分野 民法
研究紹介
(研究テーマ)
親権法、財産管理
親権を父母以外の第三者が行使することができるとする、フランス法の親権委譲制度を基に、日本法との比較研究を行っています。今後は、財産管理制度に着目しつつ、親権法に限らないで研究をしていくつもりです。
研究キーワード 親権、財産管理、フランス法
今年度担当科目 親族法、相続法、財産権法、演習I、演習II、演習III、法学部入門ゼミ
Eメール shirasu@law.fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 Eメールにてご連絡ください。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日 16:30 ~ 17:30
備考 オフィスアワーに限らず、いつでもお越し下さい。
ただし、訪問の際には事前にメールでご連絡ください。

砂田太士Taiji SUNADA

教授

専門分野 商法
研究紹介
(研究テーマ)
会社法、ベンチャー企業、信託法
会社に関する問題のうち、取締役の義務と責任に関心を持っている。英米法系の忠実義務をどのように考えるのか、それを日本法にどのように適用していくのかを研究している。この点に関しては、さらに信託法も含めて研究している。最近はベンチャー企業法制に興味を持っている。会社法の枠内でのベンチャー企業法制を検討しているが、とくにベンチャー企業の設立(起業のあり方)を研究している。
研究キーワード ベンチャー企業、事業承継、取締役の義務と責任、持分会社
今年度担当科目 学部:商法総則、会社法、商行為法、演習I・II・III、法学部入門ゼミ、企業実務と法
大学院:商法講義II、商法研究
WEBサイト  
Eメール #sunada@fukuoka-u.ac.jp送信の際は、冒頭の#をはずしてアドレス入力して下さい。
連絡方法 上記Eメールでおねがいします。Eメールを使用できないときは、
福岡大学 092-871-6631(代表)にご連絡ください。
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、木曜日、金曜日
火曜日4時間目 14:40 ~ 16:10
備考 連絡は、できるだけ、電子メールでご連絡ください。

た

武居一正Kazumasa TAKESUE

教授

専門分野 憲法学
研究紹介
(研究テーマ)
憲法学全般
違憲審査制、連邦制、少数者保護、安全保障に興味を持っています。
今年度担当科目 学部:憲法I・II、フランス法、演習I・II、法学部入門ゼミ、日本国憲法
大学院:憲法研究、憲法講義II
Eメール 公開しない(直接会って話しをしましょう)。
連絡方法 講義の前後に教室の入り口で、連絡を取ってください。そうすれば必ず会うことが出来ます。
講義のある日

オフィスアワー
火曜日、水曜日、木曜日
いつでもどうぞ。
不在時は用件と連絡先を書いたメモをのこしてください。

玉蟲由樹Yuuki TAMAMUSHI

教授

専門分野 憲法学・国法学
研究紹介
(研究テーマ)
ドイツの憲法理論
最近は、憲法に定められた人権や制度、さらには国家目標を国家機関がどのように実現すべきかという問題に関心をもっています。「国家の保護義務」というドイツの理論をもとに、環境保護などについても研究を行いたいと思っています。
今年度担当科目 学部:憲法I・Ⅱ・Ⅲ、演習Ⅰ・Ⅱb、日本国憲法
大学院:憲法講義Ⅲ、憲法研究
Eメール ytama@law.fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 研究室まで直接どうぞ。
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、木曜日、金曜日
火曜日 14:40 ~ 16:10 金曜日 14:40 ~ 16:10

所 浩代Hiroyo TOKORO

准教授

専門分野 労働法
研究紹介
(研究テーマ)
雇用における障害差別、労働者の安全衛生に関わる法理論

健康問題を抱える労働者の権利保障のあり方について、研究を進めています。障害差別禁止法を導入している諸外国の状況を参考にして、日本における傷病労働者の保護法理の方向性を提案したいと思っています。
研究キーワード 雇用差別、プライバシー、人格権、労働安全衛生
今年度担当科目 学部:労働法、法学部入門ゼミ、演習I、演習II
Eメール tokoro★fukuoka-u.ac.jp
★部分を@に変えて、メールをお送りください。
連絡方法 Eメールを送りください。
講義のある日
オフィスアワー
水曜日、木曜日、金曜日
水曜日 14:30 ~ 15:30

な

野田龍一Ryuichi NODA

教授

専門分野 ローマ法・西洋法制史
研究紹介
(研究テーマ)
  1. ローマ法源研究
  2. 近世ヨーロッパ私法史研究
  3. 日本民法典各条の系譜研究
『通信と近代契約法』(九州大学出版会)
「十九世紀ドイツにおける理論と実務―シュテーデル美術館事件をめぐって―」『原島重義先生傘寿記念論文集』所収(信山社)
研究キーワード ローマ法源、ヨーロッパ法史、民法典 
今年度担当科目 学部:法律学概論、西洋法制史、法学部入門ゼミ、演習I・II(法制史)
大学院:法制史講義、法制史研究
連絡方法 文系センター棟10階1017研究室(内線4017)研究室のほか、図書館貴重書庫(5F)にいることがあります。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、木曜日、金曜日
いつでもお越し下さい。

は

芳賀真一Shinichi HAGA

講師

専門分野 租税法
研究紹介
(研究テーマ)
租税法
租税が個人や企業の経済活動にどのような影響を与えるか。どのように租税のルールを設計すれば、個人や企業の経済活動を阻害する効果を小さくできるか。
研究キーワード 租税法
今年度担当科目 学部:税法I、国際税法、税法学、演習I,Ⅱ,Ⅲ、入門ゼミ
大学院:税法研究、税法講義Ⅱ
Eメール haga@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、木曜日
火曜日 14:40 ~ 16:00 木曜日 14:40 ~ 16:00
(連絡があれば、時間外でも対応します)

長谷川正国Masakuni HASEGAWA

教授

専門分野 国際法
研究紹介
(研究テーマ)
国家責任法、条約法、国際紛争の平和的解決
国際社会の発展につれて国家間の権利義務関係の構造がどのように変化してきたかに関心を持っている。この問題意識から国家責任法と条約法の関係について研究している。
また、20世紀を代表する国際法学者の一人であるD.P. O'Connelの国際法理論を研究している。
研究キーワード 国家責任、条約法、紛争の平和的解決
今年度担当科目 学部:国際法総論、世界外交史、演習I・II・III、アメリカ法セミナーⅠ
大学院:国際法講義I、国際法特別研究、:国際法特別講義
連絡方法 講義時間以外はかならず研究室にいる。したがって、講義に対する要望または質問がある場合には、オフィスアワーに限らず、いつ研究室を訪ねてきてもかまわない。質問は大歓迎である。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
水曜日 9:30~12:00

畠田公明Koumei HATADA

教授

専門分野 商法
研究紹介
(研究テーマ)
会社法
これまで、会社の取締役会制度と取締役の義務・責任について、とくにアメリカ法との比較法的研究を行っている。さらにまた、大企業を取り巻くさまざまな関係者の利害調整とその大企業の経営・管理機構はどうあるべきかという、いわゆるコーポレート・ガバナンスについて研究をしている
研究キーワード 取締役、取締役会、監査役、監査委員会、役員の責任、株主代表訴訟、企業買収、コーポレート・ガバナンス
今年度担当科目 学部:企業金融法、商事法総合講義
大学院:商法研究、商法特別研究、商法特別講義
Eメール hatada@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、水曜日
水曜日 12:00~13:00
備考 何かご質問・相談があれば、電子メールでご連絡ください

畑中久彌Hisaya HATANAKA

准教授

専門分野 民法
研究紹介
(研究テーマ)
  1. フィンランド私法の研究
    フィンランドは、いわゆる「なし崩し的物権変動論」を採っています。なぜその考え方が定着したのか、具体的問題をどう処理しているかを研究しています。
    また、(1)対抗問題では善意・無過失の第三者のみを保護する、(2)一定の範囲で不動産登記に公信力を認めるといった特色があります。そうした物権変動法制の特色も研究しています。
  2. 不法行為法の哲学的・経済学的研究
    アメリカ、イギリス、カナダでは、不法行為法の哲学的・経済学的研究が盛んです。これらの議論が現実の制度構築・運用にどう関わっているのかを調べています。
研究キーワード フィンランド、なし崩し的物権変動論、対抗問題と第三者の主観的要件(善意・無過失)、不動産取引と公信力、矯正的正義・配分的正義
今年度担当科目 学部:契約法、財産権法、法学部入門ゼミ、演習I、演習IIb
大学院:民法VI、民法研究
Eメール hatanaka@fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日
月曜日 14:40 ~ 16:10

桧垣伸次Shinji HIGAKI

講師

専門分野 憲法学
研究紹介
(研究テーマ)
アメリカ憲法、表現の自由、ヘイト・スピーチ規制論
ヘイト・スピーチ(差別的表現)の規制が憲法上可能であるかにつき研究しています。また、なぜ表現の自由が保障されるのか(表現の自由の原理論)についても研究しています。
研究キーワード 憲法、表現の自由、ヘイト・スピーチ、批判的人種理論
今年度担当科目 学部:憲法特講、憲法I・II、憲法概論、法学部入門ゼミ、
演習I・II・III
WEBサイト  
Eメール shigaki@fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 研究室まで直接どうぞ
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日
月曜日 13:00 ~ 14:30、火曜日 14:40 ~ 16:00、
水曜日 13:00 ~ 14:30

東原正明Masaaki HIGASHIHARA

准教授

専門分野 政治過程論
研究紹介
(研究テーマ)
現代オーストリア政治、ナショナリズム、ポピュリズム
1 オーストリアの政党政治、ネオコーポラティズム、連邦制に関する研究
2 急進的なナショナリズムとポピュリズムが結合した極右政党に関する比較研究
3 オーストリアの脱原発政策に関する研究
研究キーワード 政党政治、ナショナリズム、極右政党、オーストリア、原発政策
今年度担当科目 政治過程論、政治学概論A・B、演習I、演習II、演習III
Eメール higashihara [ at ] law.fukuoka-u.ac.jp ( [ at ] を@に変更してください)
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日
水曜日 11:00 ~ 12:00

平田紳Shin HiRATA

教授

専門分野 刑事訴訟法、刑事政策
研究紹介
(研究テーマ)
犯罪者処遇論
  • 刑罰をどう観るか (福岡大学法学論叢42巻1号)
  • 執行猶予の問題点 (福岡大学法学論叢38巻2.3.4号)
  • 未決拘禁者の処遇 (関西学院大学法政学会「法と政治」53巻1号)
  • 『刑事政策概論〔第五版〕』(成文堂)
研究キーワード 司法裁量、犯罪者の処遇
今年度担当科目 学部:刑事訴訟法、刑事政策、演習I・II
連絡方法 講義終了時、直接研究室
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、水曜日、金曜日
金曜日 15:00 ~ 16:00

廣澤孝之Takayuki HIROSAWA

教授

専門分野 政治学
研究紹介
(研究テーマ)
政治学、公共政策
  1. 福祉国家論
    福祉国家の形成および再編過程に関する比較政治学的考察
  2. 共和政論
    市民の政治参加と連帯を原理とする共和政論の再検討
  3. 公共政策
    とくに社会政策の存立基盤に関する原理的考察
研究キーワード 福祉国家、市民社会、公共政策
今年度担当科目 学部:政治学原論
大学院:政治学講義
Eメール hirosawa@fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日・水曜日・木曜日
水曜日10:40 ~ 12:10

武士俣敦Atsushi BUSHIMATA

教授

専門分野 法社会学
研究紹介
(研究テーマ)
司法制度、法専門職研究、紛争処理研究
最近は、法専門職のなかで弁護士についての研究を中心におこなっている。弁護士とはどのような性質の職業であり、どのような活動をおこない、どのような意識をもち、そしてどのような社会的役割をはたしているか。国際的な比較の視点から日本の弁護士の実態の解明を試みている。
研究キーワード 弁護士、リーガル・プロフェッション、民事紛争処理
今年度担当科目 学部:裁判制度概論、法社会学、演習I、演習II
Eメール abush@fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 福岡大学 092-871-6631(代表)
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、水曜日、木曜日、金曜日
水曜日 16:20 ~ 17:30
金曜日 10:40 ~ 12:00

古矢一郎Ichiro FURUYA

教授

専門分野 行政学
研究紹介
(研究テーマ)
内閣制度、公務員制度・官僚制、国の式典
今年度担当科目 行政学、法学A(立法過程論)、演習I(行政学)、法学部基礎ゼミ
Eメール ifuruyaアットマークlaw.fukuoka-u.ac.jp
連絡方法 Eメール、福岡大学 092-871-6631(代表)
講義のある日
オフィスアワー
水曜日、木曜日、金曜日
水曜日 16:20 ~ 17:20
備考 質問・相談がある場合、事前に連絡をいただければ、オフィスアワーの時間に限りません。講義終了後につかまえていただいても結構です。

ま

前越俊之Toshiyuki MAEKOSHI

准教授

専門分野 商法 金融商品取引法
研究紹介
(研究テーマ)
商法および金融商品取引法
「証券市場から株式会社制度を見たらどうなるか」という視点で研究をしています。この視点から、これまで、企業買収、証券取引法上の有価証券の定義、証券不開示における民事責任、インサイダー取引および証券会社の証券勧誘規制に関して論文や判例研究を書いています。
研究キーワード 情報開示、金融商品、不実開示、企業買収、内部者取引、証券詐欺、規則10b-5、説明義務、適合性原則、投資者
今年度担当科目 学部:企業法総論、手形小切手法、会社法、金融商品取引法、演習I・II、法学部入門ゼミ
Eメール maekoshi@fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、火曜日、水曜日
火曜日 13:00 ~ 14:00(前期)火曜日 15:00 ~ 16:00(後期)

道山治延Harunobu MiCHiYAMA

准教授

専門分野 民法
研究紹介
(研究テーマ)
相続法・遺言法
相続人資格証明を中心に研究しているが、これと関連して、最近は遺言法に興味を持っている。私人が書いた一片の紙切れが遺言として効力を有するとしても、その有効性の確認、受遺者の資格等をどのようにして手続に載せていくべきなのか、日本において法的な整備は十分とはいえないように感じている。ドイツやフランスの制度を参考に遺言のあり方を含めて検討したいと考えている。日韓家族法学会を通じて、アジアの相続法のあり方についても関心を持っている。
研究キーワード 相続人資格証明、相続、遺言
今年度担当科目 学部:演習I、演習Ⅱ、契約法、民法特講I、民法概論Ⅰ・Ⅱ
商学部二部:民法I
WEBサイト 今のところなし
Eメール michiyam@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日
火曜日 14:30 ~ 16:00
備考 オフィスアワー以外の来訪も歓迎しますが、なるべくメールで予約を取っておいてください(オフィスアワーの時間についても)部屋にいないことがあります。

蓑輪靖博Yasuhiro MINOWA

教授

専門分野 民法、アジア法、消費者法、環境法
研究紹介
(研究テーマ)
契約法、モンゴル法、クレジット法
市場経済化に伴う法改革を進めるモンゴル法について、現地研究者との共同研究などを行なうとともにその理論的解明に取組んでいる。これにより、市場経済とその限界との関わりで、契約法理のあり様を模索している。
クレジット法の分野では、消費者取引法の観点から、現行法の課題とあり方について、判例や取引実態の現状分析や比較法分析を行なっている。
研究キーワード アジア、モンゴル、市場経済化、民法、契約、法整備
今年度担当科目 学部:契約法、財産権法、法学部入門ゼミ、ゼミI、ゼミII
大学院:民法特別研究、同IA、同IB、民法研究、民法講義II、英米法講義
Eメール minowa@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、木曜日、金曜日
木曜日13:00~14:00
備考 オフィースアワー利用希望者は原則として予約のこと。

守谷賢輔Kensuke MORIYA

講師

専門分野 憲法
研究紹介
(研究テーマ)
カナダ憲法、先住民の権利
先住民をめぐる法的諸問題の検討は、従来の憲法学の枠組みの再構成を迫るものであり、また、国民国家の将来像を考察する上で、極めて重要な意義を有すると考えています。
現在のところ、カナダ憲法における先住民の権利の研究に従事し、上記の諸論点に取り組んでいます。
研究キーワード 憲法、先住民、カナダ
今年度担当科目 学部:日本国憲法
連絡方法 講義後に直接声をかけてください。
Eメール moriya@law.fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
火曜日、水曜日、木曜日
特に指定しません。いつでもどうぞ。メールにて事前に予約することをお薦めします。メールを送る際には、件名に名前と学籍番号を明記してください。

や

安井英俊Hidetoshi YASUI

准教授

専門分野 民事訴訟法
研究紹介
(研究テーマ)
証拠法、証明責任論、環境訴訟
立証困難を軽減する方法(事案解明義務、一応の推定など)について研究を行っている。証拠偏在型の事例においては、証明責任を負う当事者が極めて立証困難な立場に置かれるため、立証困難の軽減が必要となる。特に、それらの軽減方法を証明責任といかに調和させるかということについて研究している。
研究キーワード 証明責任、事案解明義務、原発訴訟
今年度担当科目 学部:民事訴訟法、演習I・IIb(民事訴訟法)、法学部入門ゼミ、法学A
大学院:民事訴訟法講義
Eメール yasui@fukuoka-u.ac.jp
講義のある日
オフィスアワー
水曜日、木曜日、金曜日
水曜日 14:40 ~ 16:10
備考 訪問するときは事前にメールでご連絡下さい。

山下慎一Shin'ichi YAMASHITA

講師

専門分野 社会保障法
研究紹介
(研究テーマ)
 私たちは、法定の要件を満たす場合には、各種社会保障制度の給付を受ける法的な権利を有します。しかし、その法的な権利は、現実の社会において、実際に、保障されていると言えるでしょうか。法的な権利性は、制度ごとに強かったり弱かったりするのでしょうか。つまるところ、社会保障給付に関して法的な権利を有しているということは、何を意味するのでしょうか。
 社会保障を「法学」の立場から研究することの意義にこだわって、上記のようなことを考えています。
研究キーワード 社会保障受給権の法的権利性
社会保障法領域の権利救済制度
イギリス社会保障法
今年度担当科目 社会保障法、労働法(商学部二部)、法学部入門ゼミ、演習I、演習II
Eメール ys41アットマークlaw.fukuoka-u.ac.jp
(アットマークを@に変更してください)
連絡方法 上記Eメール、および内線4013です。
講義のある日
オフィスアワー
講義日は水・木・金です。
オフィスアワーは、木曜・16:20 ~ 17:50/金曜・12:10 ~ 13:00です。
(事前にメールで連絡を頂いた方が確実です。)
備考 上記オフィスアワー以外でも、研究室在室中で手が空いていれば、適宜対応しますので、1013研究室までお気軽にお越しください。

山下恭弘Yasuhiro YAMASHITA

教授

専門分野 国際法
研究紹介
(研究テーマ)
国際人権・人道法、国際刑事法
武力紛争の犠牲者をいかに保護すべきか、戦争犯罪人の処罰をいかになすべきかなど、武力紛争と個人の問題を中心に、国際法の研究を進めている。最近扱ったテーマとしては、「武力紛争における子どもの保護」「戦争犯罪人と恩赦」「不処罰に対する国連の取組み」などがある。
今年度担当科目 学部:国際法各論、国際関係論、演習I・II、法学A・B、法学部入門ゼミ
大学院:国際法研究、国際法講義II
連絡方法 文系センター9Fの研究室(908号室)を訪ねること。不在の場合は1Fの受付にメモを預けること。
講義のある日
オフィスアワー
月曜日、木曜日、金曜日
いつでもどうぞ

ら

李黎明Li Leimei

教授

専門分野 商法 中国法
研究紹介
(研究テーマ)
企業法 中国法
企業法の分野では、主にグローバル企業の経営法制および紛争処理法制を研究している。
研究キーワード 在中日系企業の経営と法
今年度担当科目 学部:アジア法、中小企業と法、アジア法セミナーI、演習I、演習II、法学部入門ゼミ
大学院:アジア企業法研究
法科大学院:アジア法制度論
連絡方法 直接、研究室へどうぞ
講義のある日
オフィスアワー
前期:月曜日、火曜日、水曜日
後期:月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
月曜日 15:00 ~ 17:00 火曜日 13:00 ~ 16:00 水曜日 15:00 ~ 17:00